6月の猛暑がなんだか懐かしいぐらいです。
日々変わる天気に、一気一憂してしまいます。

あの猛暑の頃、
無性に「作らなくては。」と思って着手したパンツです。
リンネ生地100%のやや硬めのオックス生地。
暑さを乗り切るには、最高の相棒だと思います。


L.I.M.P
Size / 38・40・42
Color / Natural
Material / Linen 100%
Price / 18,700税込


20220714101213_24.jpg

20220714101213_22.jpg
 
model 1 / 156cm size 38
model 2 / 179cm size 42


hanaエプロンをベースに作ったスカートです。
角度をつけて裁断した3枚の生地を繋ぎ合わせています。

私たちの体は、目、鼻、腕、足など、対なものが多く、
前と後ろ、右と左という様に、服作りにおいても、
数字の‘2’を意識してしまいます。
‘3’という数字は、そのバランスを崩し、リズムを刻んでくれます。
このスカートができた時、‘3’という数字の偉大さを感じました(大袈裟ですが…)。

今回は、程よい厚みのあるリネン100%生地で作りました。
色は、blackのみ。
リネン生地ゆへ、多少の透け感があります。
気になってしまう方もいるかも知れません。
ぜひ、店頭でお試しください。


Sise / F
Color / Black
Material / Linen 100%
Price / ¥18,700税込

20220712094501_5.jpg

20220712094501_4.jpg
シロ.の定番シャツを追加致しました。
超高密度のシャトル織タイプライター生地です。
軽くてふわっとした素材で乾きも早く、着心地がよいです。
今回は、ノーカラータイプのみの追加です。

この夏は纏わりつかない大きめのシルエットが特徴のBig shirt を
中心に縫っていたのですが、やっぱり定番は定番。
いつものシャツをご希望されるお客様も多く、
少し焦り気味に追加しました。

この超高密度の生地は、以前よりお客様からの評判がよく、
作り続けています。
暑さが本番になる今、涼しく、凛々しく着られるシャツしれません。
色は white と shoal 。
Shoal は浅瀬という意味。
砂浜から海へ。混じり合う色合いに似てると思い、この名前にしました。


Size / 38・40・42
Color / White・Shoal
Material / Cotton 100%
Price / ¥23,100税込

20220712094501_3.jpg

20220712094501_2.jpg

20220712094501_1.jpg

20220712094501.jpg
2022.07.07 Siro. Tee
上がったり下がったり。
今年の天気は気まぐれです。
6月の猛暑。そして、梅雨明け宣言。このまま夏に突入かと思っていたら
天気予報は雨マーク。「戻り梅雨」だと。
お天気ばかりではありませんが、振り回されっぱなしです。
何かを試されているよな、気持ちになります。

夏の定番。
店主の気まぐれでマイナーチェンジをしているteeシャツたち。
シロ.tee、オーバーサイズtee、リネンteeと、
お店に並んでおります。
今年は、36、38、40、42の4サイズ。
色はwhiteのみです(リネンteeはblackも作りました)。
リネンteeは、初回に作ったものがほとんど完売しており、
今月中にいくつか追加できたらと思っています。

現在、店頭のみの販売となっておりますが、
お気軽にお問合せいただければと思っております。
どうぞ、よろしくお願いします。

20220707121728_5.jpeg

20220707121728_3.jpeg

20220706235301_2.jpeg

20220706235301_1.jpeg
6月で猛暑日。
この夏はどうなってしまうのでしょうか。
紫陽花を愛でる間もなく夏がやってきそうです。

hanaエプロンの受注会が始まりました。
ミシンステッチのwindowpaneが新作。
好評いただいて、ほっとしているところです。
この夏は、いただいたオーダーを暑さに負けず、
仕上げていきたいと思います。

2022.06.24 シロ. Door mat
2012年6月9日、シロ.は国分寺の小さなプレハブ小屋から始まりました。
少し広い玄関?ほどのスペースは、居心地がよくて出会う人との関係性を
より深く結ぶつけるような特別な場所でした。
自宅の玄関でお迎えするような、そんな感覚があったことを思い出して、
今回10周年に特別な玄関マットを作ろうと思いました。
生地の一枚一枚が出会いであったとするならば、組み合わさることで形になる。
シロ.がここまでこれたのは、そういうことなんじゃないかな。

店主 原田 竜一

シロ. Door mat
Cotton、Linenの素材を使ったRoom mat

20220617233204.jpg

20220617233204_1.jpg
月間手紙舎さんでのオンライン販売が終了し、全て納品。
おそらく、ご購入いただいたお客様のお手元に届くころかと思います。
ご購入いただいたお客様、またご興味を持ってくれたお客様、
この場を借りてお礼申し上げます。

今回、デビューとなったfixedタイプ。
後ろの紐が一体化しております。
しばらくは、こちらをメインに作っていきたいと思っております。

6月後半には、「いくつかの布を選べるhanaエプロンの受注会」を予定しています。
その準備を兼ねて、様々な布で作り始めています。
新しく作ったものは店頭にて販売しておりますので、
ぜひ、ご試着がてらご来店いただければと思っております。

画像は、静岡県浜松で織られたリネン100%の生地で作ったhanaエプロンです。
スタンダードなナチュラルカラー。
カラフルなものを中心に作っていたので、新鮮。


20220503110013_1.jpg

20220503110013.jpg

20220503110013_5.jpg

20220503110013_4.jpg
2022.04.24 hana スカート
hanaエプロンのデザインをベースに作ったスカートです。
3枚の生地を縫い合わせ、後ろにボリュームを出しました。
ふくらはぎが隠れるぐらいの程よい長さに仕上げています。

Size / F
Color / Terracotta・Maroon・Dark Ivy
Material / Cotton 100%

20220424111432.jpg
新しい服の撮影をしました。
シロ.であってシロ.じゃない服。

いつもより、人に頼って進めたプロジェクト。
まずは、撮影が終わりホッとしたところです。

詳細は、もう少しお待ちください。


20220420111811_1.jpg

20220420111811.jpg
「シロの日」、始まりました。

準備をしている段階ではちゃんと白い服と空間になっているか不安でしたが、
お客様に「白ーい」と言っていただけて、ホッとしたところです。

4月13日まで、白い空間が続きます。
どうぞ、よろしくお願いします。


20220407072547.jpeg

20220407072547_3.jpeg

20220407072547_5.jpeg

20220407072547_4.jpeg