2020.03.14 雨の日は
雨の日は

歩いてお店に向かいます

ソメイヨシノよりも先に咲く桃や桜が
綺麗な時です

この春はいつも以上に花の色が気になってしまいます

20200310.jpg
ここ数日、朝晩の寒さが緩んできましたね。
そのせいでしょう。
朝からくしゃみの連続しています。
終わりの始まりです。

立春が過ぎ、暦の上では春に向かっていますが、
ウールのコートが手放せない2月と3月。
素材は冬ものでも明るい色を着ると
随分見え方が変わってきます。

バニラアイスのような
少し黄色味がかった色のニットです。
同じ白系のパンツとも相性がいいです。
明るいトーンで春を待ちわびるのはいかがでしょうか。


R E L A X W O O L K N I T

COLOR...VANILLA
SIZE...38 / 40 / 42
MATERIAL...WOOL100%
PRICE...17,000YEN+TAX

20200206.jpg

20200207.jpg

20200204.jpg
昨年はシャツ作りで終わり、その続きからスタートした2020年。
気づけば、2月も半ばに・・・。

はじまりのシロ.のシャツは、3色。
White,Charcoal,Horizonblue
衿はレギュラーとノーカラーの2種類作りました。

店内でお行儀よく3色並んでいます。

20200203.jpg

20200201.jpg

20200202.jpg

※完売しているサイズもございます。ご了承ください。
クリスマスのプレゼントに。
と、ご来店される方がいらっしゃいます。
お話を聞いていると、「プレゼント交換」をされているそう。
お互いに、相手を思って選ぶ。
選んでいる時間までもがプレゼントに含まれているようで、
なんとも微笑ましいです。

特別なクリスマスコーナーみたいなものはありませんが、
サンタの袋のように布の袋に入れてご提供もできますので、
プレゼントの際はどうぞ一声かけていただけるとうれしいです。
木製社さんの靴下やぺぺぺカレンダーもおすすめです。

20191206.jpg




普段、目標は立てない僕ですが、
「今年は、染めを施した服をつくろう。」
と、密かに心に決めていました。
ギリギリ滑り込みで達成です。

染色工場にお邪魔したのが春頃。
どんなことができるのか?
「染め」について一通り教えていただき、
工場内も丁寧に案内していただきました。
ワクワクを抱えて帰ってきたことを覚えています。

目指したのは、「古着のような質感と色合い。」
サンプル染めを重ねる中で、
生地によって向く向かないがあること、
生地が異なると色合いが変わってしまうこと、
小さな発見をたくさん重ねました。
スウェットとパーカー作りで着地でき、
気に入った色に仕上がりました。

着込んでいくうちに、徐々に白っぽくあたりが出てくるでしょう。
どんな風に変化していくか?本当にたのしみです。

中肉厚で柔らかさのある生地です。
色はモカとチャコールの2色。
スウェットとパーカーの2種類をつくりました。
嬉しいことに、すでに完売したサイズがございます。
気になる方がどうぞお問い合わせください。



R E L A X C R E W S W E A T

COLOR...COCHA / CHARCOAL
SIZE...38 / 40 / 42
MATERIAL...COTTON100%
PRICE...¥16,000+tax

R E L A X H O O D I E

COLOR...COCHA / CHARCOAL
SIZE...38 / 40 / 42
MATERIAL...COTTON100%
PRICE...¥17,000+tax

20191138.jpg

20191136.jpg

20191141.jpg

20191142.jpg

20191134.jpg

20191139.jpg

20191135.jpg




朝晩の寒さが厳しくなってきましたね。
寒さで、布団から出られす、
あと五分...あと五分と呪文のようにブツブツといいながら起きています。

ウールニットのカットソーが出来上がりました。
Wool100%の程よい厚みと柔らかさのある生地です。
ややスッキリとしたシルエットで作りました。
コートの中でゴロゴロしないので、
登場回数が増えそうなシンプルなセーターです。


W O O L C U T & S E W

COLOR..BLACK
SIZE...38 / 40 / 42
MATERIAL...WOOL100%
PRICE...¥14,000+tax

20191133.jpg

20191132.jpg



2019.11.21 ドラポケ
ドラえもんの「四次元ポケット」というものを知ってから、
「ポケット」というものに、
なにか希望のようなものを感じてしまう自分がいます。
実際のポケットは、なにか特別なものが入っているわけではなく、
どちらかというと、出し忘れのレシートやいつのかわからないハンカチなんかが入っています。
これが現実です。

初めて、ドラえもんのようにお腹のところにポケットを付けてみました。
試着されたお客様は大抵そのポケットに手を入れて、
あるお客様は「安心する〜」と言っていました。

ドラえもんのように困った時になにか道具を出してくれることはなくても、
ポケットの大きさ分は助けてくれてるんだと実感した次第です。

そんなポケット付きのスウェットは、
BlackとNavyの2色。
かなり分厚いがっしりとした生地でつくりました。
気になる方はぜひ。


Heavy oz Sweat

COLOR...BLACK / NAVY
SIZE...38 / 40 / 42
MATERIAL...COTTON100%
PRICE...¥18,000+tax


20191126.jpg

20191127.jpg

20191128.jpg

20191129.jpg










昨シーズンは時間切れとなって、
泣く泣く手を止めたコーデュロイ生地。
この秋は、ジャケット作りからスタートしました。

コーデュロイは、ストライプのような筋と、こんもりと盛り上がった畝があります。
まず、パイル織をし、次に生地の畝の部分をカットし、さらに熱で畝を整えて仕上げるそうです。
生地が仕上がるまでにとても手間がかかりますが、
空気層ができることで寒い冷気を防ぐことができ、冬でも暖かく着ることができます。
ヨーロッパでは、ガーデナーの作業着であったり、野外パーティーの際に着られていたらしく、
コットンの扱いやすさ、暖かさ、上品さゆえ重宝されたとのではと想像して
よりコーデュロイを好きにになりました。

畝の太さで印象がかわるコーデュロイ。
レトロ感のある太め畝のものを選びました。

JACKET
size : 38, 40
color : Blown, Navy
price : 35,000yen+tax

PANTS
size : 38, 40, 42
color : Blown, Navy
price : 18,000yen+tax

ジャケットは、受注生産とさせていただいております。
11月末までの受付となります。
納期は受付日より、約2ヶ月の予定です。
*生地がなくなり次第終了となりますのでご了承下さい。宜しくお願い致します。

20191108.jpg

20191109.jpg

20191110.jpg

20191111.jpg


20191112.jpg

20191105.jpg

20191107.jpg

20191104.jpg

20191106.jpg

20191103.jpg

20191102.jpg








今年の目標のひとつ。
好き色に染めた服をつくる。

もうすぐ11月になろうとしてるが、間に合うだろうか・・・。

着手したのは3月の頃。
あと一歩のところに来ています。

どんな色に染まるか・・・。
どうぞお楽しみに。
僕が一番楽しみにしているかも。

20191017.jpg



2019.10.17 COTTON KNIT OP
家でリラックスしているときに着てもらいたいワンピース。
ずっと作りたかったものをやっとこの秋に。

しっかりとしたコシのある天竺生地。
このニットは密度が高く編み込まれているので肌触りも良く丈夫です。
程よくゆとりあるシルエットにして、着丈は長めに、裾には深すぎないスリットを入れました。
すっきりと仕上げたかったので、当初は予定してなかったポケット。
「ポケットはお守り代わり」と分かるような分からないような名言に絆されてサイドすっきりとついております。
女性用、ライトグレー、ブラックのワンサイズです。

20191001.jpg

20191003.jpg