Pe_ exhibition My pink 
渡邉知樹氏が新たにスタートしたファッションブランドの初めての個展
ご来店のお客様、誠に感謝申し上げます。

渡邉氏の自由な発想は、紙から布になっても変わることなく、
刺繍という技法で、いままでとは違った立体的な線を生み出していました。

お客様が楽しそうに服を選ぶ様子は微笑ましく、
ベースの服を作ったシロ.としても誇らしい限りです。

最終日は、ずいぶんと遅れてやってきた雪。
桜と雪を同時で見るのは初めてでした。
予想以上に大粒で降りつづいた雪。
「これじゃあ、今年の桜も終わりかあ」と思っていた翌日。
まだまだ散らずに咲き誇る桜に力づよさを感じました。

20200326.jpg
Pe_ exhibition My pinkにお越しいただきありがとうございます。

3連休は、お天気が良かったこともあり
多くのお客さまに足をお運びいただきました。

ぺぺぺのカレンダーによると、3月21日は「新しい服を買いに行く日」
たくさんのお洋服が旅立って行きました。

うれしい悲鳴ではあるのですが、今回の会期に合わせて用意していた「Pe_」のお服は
多くがなくなってしまい、少し寂しい店内となっております。
この先に、ご予定されていたお客さま、申し訳ございません。

刺繍の作品は少なくなっておりますが、
刺繍をする際のドローイングや、ピンクの鳥たち、
そして、(伝説の)CDも発売となっております。

なにより、連日渡邉氏も在店しておりますので、
新たにスタートした「Pe_」のことや作品のことなど
直接お話して楽しんでいただきたいと思っております。

どうぞ、よろしくお願いします。


20200325.jpg
Pe_ exhibition My pinkにお越しいただき
ありがとうございます。

普段のシロ.とは違った色合いと賑やかさに
少々驚きながらも楽しい時間が過ぎています。

写真は、2日目の朝。
(初日は撮り忘れてしまった....)
ドローイングの面白さと手刺繍のすばらしさに、
訪れるお客様はみな驚いている様子。

洋服のデザイン、サイズ、それに施す刺繍。
みなそれぞれで、シンデレラを探している気分です。

お客さまそれぞれが、“自分の一枚”に巡り合っているようです。

20200315.jpg

20200318.jpg

20200313.jpg

20200320.jpg

20200322.jpg

20200319.jpg

20200317.jpg

20200321.jpg
フードコートとパンツを作っています。
セットアップで。

それはちょっとハードルが高いので、
まずは、それぞれを試着してほしいです。

メンズのPink、意外とアリだと思います。

20200304.jpg
糸は染まってくれません。

染まる色を予測してPinkの糸で縫います。

白地にピンクのステッチは新鮮で。
このままでいいいのでは
と一瞬思ってしまいました。

20200303.jpg

20200302.jpg
2020.03.15 Pinkを探して
そのPinkは難解で

言葉では説明できないので、
家庭でもできる染め粉を使って色探し。

そのPinkを元に
染工場さんにお願いして
なんとか辿り着きました。
よかった。

20200311.jpg

20200312.jpg




2020.03.13 撮影会 後半戦
作品撮りの後は
外に出て
吉祥寺街歩き

井の頭公園や賑やかな本町あたりを
ぶらりと歩いて

2月にしては暖かな日でした

20200301.jpg

20200309.jpg

20200308.jpg
2020.03.13 撮影会
Pe_exhibition My pinkの準備を
コツコツと進めております。

先日、Pe_の作品撮影をしました。
撮影は、いつもお願いしている桑原氏。

展示販売会では、Tシャツ、シャツ、ワンピースなどが並ぶ予定です。
どうぞ、お楽しみに。

20200305.jpg

20200306.jpg
おとといの深夜、ギフトのことをブログで書いて、予約投稿。
オープンから2名続けてギフトをお探しのお客様が来店。
その時点ではブログは公開されておらず、
素晴らしいシンクロ、シンパシー?
不思議な気分で昨日はスタートしました。

おひとりは、国分寺時代からいらしていただいたお客様で、
「お母さんへのプレゼントを探しに。」と、お父さんと小学生の息子さんでいらしていただいてました。
昨年も、わざわざ吉祥寺のお店に来てくれたのですが、
お目当の「ぺぺぺカレンダー」はすでに完売しており、ご用意ができず。
吉祥寺には他にも販売しているお店がるので、いくつかご紹介したものの、
気になっていたお客様でした。
昨年のことを伺うと、他のお店で購入できたとのこと。
そして、今年も2020年のものを購入いただきました。

大人になると、家族と過ごした日々は薄れていくものの、
懐かしい思い出は宝物のようになっていく感覚があります。
たまに会った時に、その宝箱を開いては懐かしくおしゃべりをしています。
「ぺぺぺ日めくりカレンダー」も家族の懐かしい日々の思い出になっていくのだろうか?
そんなことを妄想してしまいました。

その日の夕方、たまたま渡邉知樹くんがお店に来て、
このことを話ました。
お客様と作家さんとお店の素晴らしいトライアングル!
いい一日でした。


20191207.jpg


このカレンダーが届くと、
今年もあともう少しだな〜。と感じます。

渡邊智樹さんの日めくりカレンダーが入荷しています。
来年で、なんと7年目。
何枚日めくったことになるのでしょうか。

ペラペラとめくりたくなるのですが、
僕は、中身を見ない派です。
いちごのショートケーキのいちごを最初にたべるか?最後にたべるか?
に似ているよな。似てないような。

20191118.jpg

20191119.jpg