おとといの深夜、ギフトのことをブログで書いて、予約投稿。
オープンから2名続けてギフトをお探しのお客様が来店。
その時点ではブログは公開されておらず、
素晴らしいシンクロ、シンパシー?
不思議な気分で昨日はスタートしました。

おひとりは、国分寺時代からいらしていただいたお客様で、
「お母さんへのプレゼントを探しに。」と、お父さんと小学生の息子さんでいらしていただいてました。
昨年も、わざわざ吉祥寺のお店に来てくれたのですが、
お目当の「ぺぺぺカレンダー」はすでに完売しており、ご用意ができず。
吉祥寺には他にも販売しているお店がるので、いくつかご紹介したものの、
気になっていたお客様でした。
昨年のことを伺うと、他のお店で購入できたとのこと。
そして、今年も2020年のものを購入いただきました。

大人になると、家族と過ごした日々は薄れていくものの、
懐かしい思い出は宝物のようになっていく感覚があります。
たまに会った時に、その宝箱を開いては懐かしくおしゃべりをしています。
「ぺぺぺ日めくりカレンダー」も家族の懐かしい日々の思い出になっていくのだろうか?
そんなことを妄想してしまいました。

その日の夕方、たまたま渡邉知樹くんがお店に来て、
このことを話ました。
お客様と作家さんとお店の素晴らしいトライアングル!
いい一日でした。


20191207.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://sirostore.blog.fc2.com/tb.php/963-dcb26ce5